大日本住友および株式会社京進の株価推移

東京をはじめとする首都圏に本社を構える有名企業が多い中、関西地方に本社を置く上場企業も少なくありません。大阪市中央区に本社を置く大日本住友製薬株式会社はその一例です。医療用医薬品などを主に手掛ける同社は、1897年(明治30年)に大阪製薬株式会社として設立されました。翌年には社名を大日本製薬株式会社とします。1949年9月、東京証券取引所ならびに大阪証券取引所に株式を上場しました。2005年には住友製薬を吸収合併し、現在の社名へ変更します。過去およそ1年間の同社の株価は次のように推移してきました。2014年8月には1,400円前後であった同社の株価は、9月の後半から下落し始め、2015年1月7日には年初来安値となる1,138円を記録します。しかし、およそ2か月後に株価は急騰し、2015年3月9日には年初来高値となる1,625円を付けます。2015年8月14日現在、同社の株価は1,534円です。
さて、関西に基盤を置く別の上場企業に、株式会社京進があります。京都市下京区に本社を置く同社は、京都府や滋賀県を中心に進学塾を運営しています。1975年に「京都進学教室」としてスタートした同社は、1997年に「京進」へ名称変更します。1999年には大阪証券取引所2部および京都証券取引所に株式上場しました。同社株の過去1年ほどの動きを振り返ると、次の通りです。2014年9月、それまで何か月もの間200円前後で横ばいに推移してきた同社株は急騰し、9月16日には366円という高値を付けます。その後、いくらか下落するものの、約半年間は250円前後での推移を続けます。しかしその後、2015年4月21日に396円、6月18日には397円という年初来高値を記録しました。2015年8月14日現在、同社の株価は280円です。

ページトップへ