エリナスとメグミルク株価が安定しているのは

エリナスはマザーズ市場の新興株であり、メグミルクは東証一部の大型株であることから株価の動きについても異なるものとなっています。
エリナスのような新興株というのは業績よりも期待によって大きく買われることがあり、逆に成長が期待できないと判断されればあっという間に株価が低迷してしまうことになります。
実際にエリナスは期待によって大きく株価を上昇させた時期もありましたが、その後の成長の鈍化から失望による売りが増えピークの時期から10分の1近い株価にまで下落をしてしまうことになりました。

一方のメグミルクは東証一部に上場している規模の大きい企業であることと、事業内容からして大きく成長をすることもなければ逆に大きく赤字を膨らませるような企業ではありません。
そのため、メグミルクの株価は緩やかに上下をしながら、それほど大きな動きを見せるような株ではありません。
しかし、ここ最近は地合のよさにつれてぐんぐんと株価を伸ばしていて、上場来の最安値と比較をして株価は倍以上の値段にまで上がっています。
値段が倍になるということは東証一部の大型株の場合にはかなりの上昇といえますが、それでもエナリスほどの大きな動きはないため安定した投資をしようと思ったときにはこのような大型株に投資をするというのもひとつの方法となります。
このような大型株というのは上昇が緩やかである一方で、下落に関しても緩やかであるためタイミングを誤らなければそれほど大きな損失を出すこともなく、また大きな損失を出す前に損切りなどをすることができるので、大きな利益を見込むことができない一方でリスクを抑えた投資をすることができるため、リスクを避けたいという時には最適な銘柄となっています。

ページトップへ